Author Archive

エプソムソルトの美肌効果

お風呂に入ることは毛穴を開き、角質を落とすのに効果的ですが、その美肌効果をより高めてくれるのがエプソムソルトになります。

エプソムソルトは今話題になっている入浴剤のことで、ソルトといっていますが、ナトリウムではなくて、硫酸マグネシウムと呼ばれる海のミネラルを含んだ入浴剤となっています。

エプソムソルトの効果は炎症を抑えたり、乾燥肌の改善も促してくれます。また身体機能が活性化されて、基礎代謝が上がります。それにより発汗して、汗と共に体に溜まった老廃物や毒素を排出するデトックスの効果も期待できます。

基礎代謝が上がることで、今まで行き届きにくかった細胞にまで栄養素が行き届くようになりますので、肌のターンオーバーを正常にしてくれて、角質を取り除き美肌効果も期待ができます。

そのほかにも体の筋肉の神経を整えてくれたり、無数に存在している酵素の働きを正しくしてくれる効果もある、このエプソムソルトは38度から40度程度のお湯に200グラムから300グラム程度を入れて溶かしていきます。

その湯船に20分程度浸かるだけの簡単な使用方法で、これらの効果を得ることができる、今注目の美容方法となっております。湯船に浸かった後には必ずシャワーで流すようにしてください。

エプソムソルトの入浴法

毎日の入浴は、お肌を綺麗にしたり代謝をよくしたりと
美意識の高い女性には大切な時間です。
そんな美容フリークに話題で、注目を集めている美容法に
エプソムソルトの入浴法があります。
このエプソムソルトは、ソルトと言う名前ではありながらも、
正確にはお塩では無く、マグネシウムと硫酸塩からなる純粋な
天然の純粋なミネラルから作られています。
イギリス発祥の有名なバスソルトです。
ストレスは、体外へマグネシウムを排出させてしまいアドレナリンを上昇させてしまいます。
その排出された、マグネシウムを肌から吸収することができるのが、このエプソムソルトの入浴法です。
入浴法は、週に2回から3回を目安に、最低でも12分以上浸かるようにします。
入浴の際は、たっぷり汗をかきますので、たっぷりの水分補給も大切です。
お水や、炭酸水などを飲みながら入浴するとたっぷりと汗をかいても水分補給が出来るのでリラックス出来ます。
入浴だけではなく、洗面器にお湯をはりエプソムソルトを入れ、20分~30分ほど足をつけると
全身が温まり代謝が良くなります。
どちらの場合でも、乾燥が気になる時は、オイルをたしたりすると保湿効果もありお風呂あがりは
しっとりつるつるのお肌になります。

エプソムソルトの効能

エプソムソルトはハリウッドセレブ達に使用されて大変注目されているものなのであります。内容は硫酸マグネシウムであり、ガーデニングにも使用されるものなのですが、便秘薬の構成成分として使用されることもあり、大腸の運動を活発にする働きがあるとして知られているものなのであります。そして、最近では様々な効能を有していることが分かってきて人気があるのですが、それはまずダイエット効果およびむくみに対しての効果なのであります。このメカニズムとしましては、エプソムソルトを加えたお風呂から皮膚がダイレクトにミネラルを吸収することが分かっており、体内酵素が活性化して様々な代謝機能が高まります。その結果体内脂肪の燃焼効率が上がるとされているのみならず、内臓全体の機能も活性化して腎臓の働きが良くなり利尿作用が促進されてむくみに対しても大変効果的なのであります。また筋肉痛や疲労に対する効能もありますので非常にリラックス効果を得られるとされております。もちろん血流を良くする効能を有しておりますのでな内出血などが原因のあざに対しましても速やかな回復を望むことが可能であるとされております。その他には新陳代謝が高まって美肌効果が得られる点や消臭効果を得られるなどの報告があります。

エプソムソルトって何?

海外セレブの間でむくみ取り効果がすごいと評判になり、日本でも利用する人が増えているのがエプソムソルトです。ソルトと名前についていますが、実際のところは塩ではなく硫酸塩とマグネシウムの化合物である硫化マグネシウムです。自然界では海水や鉱泉中に含まれており、豆腐を固めたりハムやソーセージの食感を良くするために製造過程で加えられる食品添加物などに用いられています。
欧米ではバスソルトとして販売されており、お風呂に入れて入浴すると大量に汗をかいて毒素を排出するので翌日には2キロ体重が落ちている事も少なくありません。
また筋肉痛やリウマチの治療に使用されている他、古い角質を除去してくれる効果もあるので美しい肌を保てます。
方法は150ℓのぬるめのお湯に200gのエプソムソルトを入れ、10~20分程度入浴します。入浴中は大量の汗をかくので入浴前や入浴中にも水分補給をする事が大切です。長い時間入っていると毒素が再び体の中に戻ってきてしまうので入浴時間は必ず守るようにしましょう。200ccのリンゴ酢を加えるとさらに効果が高まります。週に2、3回入浴する時にエプソムソルトを使って入浴すると美容と健康に良いとされています。

お風呂で美容は世界共通

お風呂で美容を考える人も多いと考えられているのですが、そこで最近注目されておりますのがコエンザイム入浴用スパソルトなのであります。このスパソルトの特徴としましては、水道水に含有されております塩素を強力に還元して、マイナスイオンをたっぷりと含むお湯にすることができるとされている点であります。そのためにこの入浴剤が入ったお風呂にゆっくりと入浴されますと、身体の中に溜まっている疲労物質を含む毒素を大量の汗とともに体外へ排出しますので、強力なデトックス効果が得られるとされております。また最近紹介されている入浴法としましてヒートショックプロテイン水素塩入浴法があるのですが、これは人が高温刺激を受けた際に増加するとされておりますタンパク質をヒートショックプロテインと呼んでいます。このタンパク質が増加しますと免疫系統が活性化するとされており、医療関係者の間におきましても大変話題となっております。この入浴法の流れなのですが、まずコエンザイムスパソルトを浴槽に張られておりますお湯の中に入れます。湯温を40度に設定するのが適温とされておりますのでコントロールしながら入浴します。入浴時間は20分ぐらいが適当とされておりますので水分補給に注意しながら行うことによりまして効果を得られるとしております。

オリーブオイルで自家製パック

女性なら美容に気を使うのはどこの国でも同じですね。
例えばタイではフルーツのマンゴスチンで作った石鹸が美肌効果が高く、価格も手頃でなにより天然成分であることで人気があります。この天然のものを使った美容法が肌に優しく、最近注目されている傾向にあります。
中でも現在ではどこの家庭にも常備されている、オリーブオイルを使った自家製パックが話題になっていますね。
これはメキシコの女性が行っている美容法ですが、どこの国でも手に入る材料で出来るので世界中で試した女性が多いでしょう。
メキシコをあまり知らない方でも何と無くイメージするのは、気温が高く乾燥した地域という認識があるのではないでしょうか。そのような気候で特に気になるのが保湿ですので、オリーブオイルを使ったパックが一般的となっています。
具体的には、オリーブオイルを大さじ一杯に対してアボカド1/4をすり潰して混ぜた物を、5分から10分程度顔に乗せるというもので、とても簡単に行える美容法ですね。
オリーブオイルとアボカドの脂質は共に肌の角質層の細胞間脂質になじみがよく効果的である組み合わせです。
この自家製パックは特に乾燥肌を防ぐのに効果があるので乾燥が気になる方は一度試してみるのもいいかもしれませんね。

アーモンドオイルやオリーブオイル

フランスの女性たちの美しい肌は、オイル美容によってもたらされています。
なかでもアーモンドオイルとオリーブオイルは気軽に手に入れることができるだけではなく、フランス女性にとっては必須アイテムでしょう。
ナチュラル志向のフランス人は、化粧落としにもアーモンドオイルを用い、コットンにオイルを含ませたら、そのオイルに浸ったコットンで優しくクレンジングしていきます。
さらに、昔から爪のお手入れや、肌のスクラブにもアーモンドオイルとオリーブオイルは重宝されきました。
それらのオイルに海塩を混ぜ合わせ、水分を加えてペースト状にさせたスクラブで、水仕事で疲れた手を癒します。
美しくつやのある爪を保つためには、アーモンドオイルやオリーブオイルでマッサージするのです。
ビタミンEが豊富に含まれいるアーモンドオイルとオリーブオイルは、バカンス後の日焼け後のケアには欠かせないものであり、その美しい肌は、オリーブオイルの栄養素であるスクワランや老化防止に欠かすことができないビタミンAやE、ポリフェノールや葉緑素といった美を保つために必要な有効な成分によって保たれているのです。
オイル美容を自然に生活の中に取り入れていることが、パリジェンヌの美しさの秘訣でしょう。

髪もお肌もオイル

インドの美容法や健康法に欠かすことのできない存在、それがオイルです。インド古来の伝承医学として知られるアーユルヴェータは、そのトリートメントに様々な植物の油が使用されます。そのためインドのヘアケアやスキンケアなどの商品にはオイルを使用したものが数多くあります。この国ではアーユルヴェータの処方に基づいた製品を製造する化粧品会社が少なくありません。男女を問わずヘッドマッサージを受けるのはごく一般的です。植物性のものを体温程度の温かさに温めて地肌に塗りこんだ後マッサージするというものです。人によっては使用したオイルをつけたまま一晩から一日程度放置していたりします。良く揉みこんだ後30分ほどパックをして浸透させた後に洗ったほうがいいという説もあるため、家庭で使用する場合にもそのような使用方法をするのが一般的です。ヘッドマッサージにはココナッツやサンダルウッドなどのほかにもアムラという果実やハイビスカスなどのハーブをブレンドしたものも販売されていて、大変にバラエティに富んでいます。また健康面では疲労を感じる時にこめかみや首筋に塗るだけでも効果のあるものなどもありますが、日本人にとってはかなり匂いのきついものも少なくありません。

オイル美容とは

オイル美容は、フェイスケアのみならずボディケア、ハンドケア、ネイルケア、ヘアケアなどマルチに使えます。オイルが優れているのは肌によくなじむことです。成分的に人間の皮脂組成に似ているものも多く、保湿や肌の皮脂バランスを整える作用があります。またオイルは細胞の隅々まで浸透します。なので、溶け込んだ美容成分を肌の角質層まで届けてくれます。オイルには抗酸化物質や必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルなど栄養素を含む有効成分がたっぷりです。オイル美容には、うるおいを閉じ込めて肌を外的刺激から守ってくれる作用があります。オイル美容の歴史は紀元前3000年頃です。古代エジプトの高貴な人々が、肌を保護するために香油を使用していたことが、そのはじまりです。その後、10世紀頃にアラビアの学者が精油の蒸留法を確立しました。こうしてオイルはスキンケアや薬として世界中に広まったのです。またオイルの一つである馬油の歴史は5~6世紀頃と言われています。馬油は
中国で古くから用いられています。その効果は育毛、美髪効果だけではなく、肌荒れの治療やシミ・そばかすの除去などに有効です。クレオパトラも美容オイルとしてオリーブオイルを愛用したともいわれています。